ダイレクトメールで情報を宣伝|現代をカシコク生き残る企業

ウーマン

ネット以外の宣伝方法とは

チラシスタンド

カタログスタンドはインターネット上で宣伝することが主になった現代では古い宣伝方法と思われていますが、今でも使われています。カタログスタンドのメリットは興味を持った人が広告を見てくれる確立が高いことで、勧誘の人がいないので興味を持った人が広告を気軽に入手しやすいということも良いところです。

おすすめ関連サイト集

  • ダイレクトメール価格比較君

    ダイレクトメールはワンクリックで見積もりができる。しかも、60秒で終わるので、昼休みにちょちょいとできちゃいます。

安価な広告宣伝媒体

旗

激安横断幕は、お店の多様なプランによって安価で提供されており品質も悪くないものです。また地域密着を掲げる中小企業、団体を中心に安価で製作できる、容易に設置、撤収が出来る広告宣伝媒体として支持されている注目の商品です。

顧客に直接届く広告

メール

電子メールにはない利点

近年、ビジネスの世界ではアウトソーシング化が進行し、さまざまな業務を外部委託することで省力化できるようになっています。そうしたものの1つに、ダイレクトメールの発送があります。ダイレクトメールはチラシ・カタログ・ノベルティグッズなどを封入して顧客に送付する販促ツールです。簡単な内容であればハガキ1枚というケースもあります。電子メールによるコミュニケーションが主流になった現在でも、その視認性の高さから有効な宣伝手法として高い人気を維持しています。また、最近ではダイレクトメールで商品等の簡単な紹介を行い、詳細が知りたくなった人をウェブサイトに誘導するといった手法も用いられています。今後はこうしたネットとの融合を目指した活用法も増えていくものと考えられています。

業者委託なら発送も簡単

ダイレクトメールの外部委託には、いくつかのタイプがあります。最もシンプルなのはあて名入りの封筒の内容物を渡し、封入と発送だけを委託するというものです。しかし最近では封筒の印刷や内容物の製作までも手がけることで、ダイレクトメールの発送にかかるすべての業務をワンストップで請け負う業者も登場してきています。また、業者の中には発送後のフィードバック業務まで代行してくれるところもあります。こうした業者であれば、クレーム対応、アンケートハガキ等の回収、あて先不明の返戻分チェックなどの細かい作業に至るまで一任することができます。発送可能な部数は業者ごとにさまざまで、数千部単位のところもあれば50部、100部程度でも受け付けるところもあります。そのため、個人商店や自宅で通販事業を行っているなどの小規模事業者でも利用可能です。

低料金でダイレクトメール

電子メール

圧着ハガキは2つ折りあるいは3つ折りにするとハガキ大になる用紙に特殊な加工を施し、郵送途中に折り目が開かないように工夫された郵便物です。内容の機密性が保たれるうえ、封書よりも通信コストが割安であることからダイレクトメールなどに使われています。